なーちゃんママの子育て忘備録

1歳の娘の成長記録♡知育やプチ早期教育、おうち英語について♡ママファッションや子供服も♪

低出生体重児の第二子出産

こんにちは(୨୧•͈ᴗ•͈)◞︎

 

先日、妊娠38週0日で第二子の次女を出産しました。

 

発育遅延で小さめ、羊水の量も少なく、外に出た方が大きくなれるだろうということで、38週2日に計画分娩を予定してましたが、その前に陣痛が来て生まれてきてくれました。

 

次女は2348gで生まれて来ました!

小さめですが、とても元気な女の子です。

 

生まれて呼吸が安定しなかったので、カンガルーケアのあと、2日間保育器で過ごしました。

 

そのあとは黄疸も出ず、順調です。

 

今日無事に母子同時に退院できました。

 

 

なぜ発育遅延になったのか?

 

実は長女も発育遅延で、産休に入ってからなんとか大きくなり2600gで産まれました。

 

一つは仕事が立ち仕事でハードなこと、血流を送りづらいことです。

 

もう一つは私の体格。

153センチ、普通体型なので、骨盤の大きさ的に3000gはいかないこと。

 

その辺が理由だったと思います。

 

 

今回次女では更に小さかったのは、上の子のお世話であまりゆっくりしなかったこと、仕事もハード。

途中マイコプラズマで入院したことなどが理由だと思います。

また、へその緒がやや細めだったのもあるみたいです。

 

ただ、長女の時からわかっているのは、2500g前後なら、1歳3カ月頃までに大体他の子に体格も追いつくということです。

 

なので、発育遅延でも、2500g前後なら全然問題ないと思います!

 

長女の時は本当に心配で仕方なかったのですが、次女は長女より小さいですが、大丈夫だと信じています!(୨୧•͈ᴗ•͈)◞︎

 

発育遅延で心配で調べたり不安になったりしてる方も多いと思います。

少しでも参考になったら嬉しいです♫